レノボ どこの国の会社?国内でも生産されているのか

  • レノボって、どこの国のメーカー?
  • 日本国内でも生産されているの?
  • 安いけど、買って大丈夫なの?

こんなお悩みにお答えします。

レノボは、国内メーカーのパソコンと比べて、あまりに安いので「大丈夫なの?」って思われる方もいますよね。

Lenovo(レノボ)は、中国発祥のパソコンメーカーですが、重要拠点がアメリカや、香港にあるグローバル企業で、国内には日本法人があります。

この記事では、レノボの生産場所など、どんな会社なのかについて紹介しています。

Lenovoセール開催中!こちらから »

レノボ どこの国のメーカー?

Lenovo(レノボ)は、中国で設立されたパソコンメーカーですが、本社・本店は香港とアメリカにあり、国内には日本法人として、レノボ・ジャパン合同会社があります。

2004年にIBMのパソコン事業を買収して、IBMの主力ブランド「ThinkPad」などを獲得。

2011年には、NECと合弁会社を設立して、その100%子会社としてレノボ・ジャパンを設立しています。さらに2017年には富士通のPC・タブレット部門の「富士通クライアントコンピューティング」を買収しました。

世界シェアNo.1、国内のパソコン出荷台数もNo.1となっています。

レノボは日本国内で生産されている?

レノボの生産拠点は、中国となりますが、主力である「ThinkPad」の一部モデルについては、2015年から山形県の米沢工場にて、国内生産を行っています。

米沢工場は、NECのパソコン主力工場で、この工場で生産された商品は「米沢生産モデル」として、販売ページにも記載されているので、国内生産モデルを選ぶこともできます。

国内生産モデルは、品質の高さはもちろんのこと、納期の大幅短縮も期待できます。

基本、ThinkPadは、BTO(注文してからの生産)のため、海外で注文を受けてから組立を行うと最短でも2~3週間の納期がかかっていました。
国内生産することで、カスタマイズされたThinkPadでも、最短5日の出荷が可能となっています。